AGAの治療は医師に相談|治療が出来る病院を知ろう

病院でできる

女医

医師の指導が必要

AGAの治療は病院で受けることができます。病院で行われるAGAの治療では、薬が使われます。薬を一定の期間飲むことで、薄毛や抜け毛を良くすることができます。AGAの治療は保険外になりますが、病院で受けてみる価値はあります。病院でAGAの治療を受ける一番のメリットは医師の助言を受けられることです。AGAの治療に使われる薬はノコギリヤシと呼ばれる植物から取れる成分が含まれています。その薬はもともと前立腺の病気に使われていたのですが、発毛の効果があることが分かり、AGAの治療にも使われるようになりました。深刻な副作用はないのですが、まれに肝機能の障害などが出ることがあります。そんな時に医師の指導の下に服用していれば、対処法が分かるので安心できます。

飲み続けなければならない

病院で処方されるAGAの薬は、長い期間飲み続けなければなりません。2ヶ月から3ヶ月程度飲んでも効果が出にくいことが分かっています。保険が使えないので、割高になってしまいますが、一度服用を始めたらできるだけ長く飲むことが重要になります。AGAの薬を飲み始めて、4ヶ月ほどたつと目に見える効果が出てきます。その効果は個人によって異なっているのですが、他の人から髪の毛が増えたと言われることがあります。6ヶ月から1年ほどたつと、生え際の交代が止まるようになります。明らかに抜け毛が減ったと実感する人も増えてきます。飲み始めてから3年ほどたつと、7割以上の人が薬の効果を実感します。それまで改善が見られなかった部分でも髪が生え始めます。